目の下のクマ改善~徹底的にクマを失くす~

beauty

ダウンタイムについて

目の下のクマを解消させるために、施術を行った場合腫れや内出血、痛み等が出ることがあります。ダウンタイムと呼ばれるもので、施術方法や場所によってどの程度ダウンタイムがあるかは異なります。中には生活に影響をあたえるものもあるので、事前に確認を行うことが大切です。現在クマ治療を行う上で、最も多いものが脱脂術と呼ばれるものです。下瞼の裏側に穴を開けて脂肪を取り除くという方法が取られています。皮膚を切除しないために、体に負担が少ないというメリットがあります。1週間から2週間ほど腫れが出るといわれていますが、標準よりも短めのダウンタイムになるという人が多いです。また、ヒアルロン酸やボトックス注入を行った施術についていは、ダウンタイムがほとんどありません。施術後すぐにメイクを行うことも可能です。皮膚の薄い人の場合、内出血が起きるということもありますが、2〜3日で回復するという人が多いです。整形の効果はすぐに現れるので、人気があります。

目の下のクマの治療で、最もダウンタイムが必要なのが皮膚にメスが入り脂肪を取る手術を行った場合や、余分な皮膚を切除した場合です。皮膚を切開するものは、体に負担がかかることが多く、ダウンタイムが長くなります。手術から抜糸まで1週間かかることもあり、人によっては強く腫れることや内出血で目の下が赤くなるようなこともあります。また、きれいな肌になるまで2〜3ヶ月ほどかかると言われています。

Copyright (c) 2015 目の下のクマ改善~徹底的にクマを失くす~ all reserved.